読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOROTS

日々思った事とか

住所変更(8ヶ月ぶり)

引っ越しをしてから約4ヶ月。
年休を取って平日休みということもあって銀行口座の住所変更をしに行くことにしました。

家を出たのが11時半でして、自分の頭の中では、

  • 銀行までバスで25分
  • 手続きに30分

ということで、手続き完了したら12時半過ぎくらいになるんですけど、以前この銀行の近くに住んでいたこともあって、ちょっとなつかしいなぁとせっかくだから銀行の近くで昼食取って、帰りは散歩がてら歩いて帰ろう(ちなみに銀行から家まで歩いたら40分位かかります)、とかちょっとした旅行気分でテンション上げつつ銀行に向かいました。


銀行についたのは11時50分。予定よりもちょい早め。

早速入って窓口で順番票を渡してくれる行員さんに「住所変更しにきたやで」と伝えたところ、書類を渡してくれて、そのまま窓口に案内されました。

窓口で書類を書いたところで、行員さんが「お届印ありますか?」と訪ねてきたので心の中で「銀行の手続きに印鑑忘れるバカどこにいるんだよ」と思いつつカバンを探したら、出てくるのが財布と鍵とスマホとタオルで、印鑑が見つからない。

申し訳ない雰囲気たっぷりに「すみません、、印鑑忘れました(・ω<) テヘペロ」と行員さんにお伝えしたところ、「印鑑忘れた?じゃあ、また時間ある時に印鑑持って出直してこいやボケが」と至極当たり前のコメントを頂いた(実際にはもっと優しい言葉で言われてますよ、念のため)のでそのまま銀行を後にしたのでした。


銀行に手続きしに行くのに銀行印忘れるとか、歌を忘れたカナリヤ、牛を忘れた牛小屋レベルだろと失意のどん底に落ちたため、銀行近くで昼食とか、帰りは散歩とかそういう気分ではなくなったのと、今日住所変更しないと次出来るのがいつになるかわからないので、とっとと家に帰って印鑑持って住所変更リベンジしようと言うことで、即帰宅。

帰宅後、印鑑をカバンに入れて軽く昼食を食べて家を出たんですけど、流石に「お時間ある時にまたいらしてください(本音ベースだと出直してこいやボケがと言ってる)」と言われたその日に同じ銀行支店に戻るのは恥ずかしいので、別の支店に向かうことにしました。こういう時、色んな支店があると便利ですな。

今度は印鑑も持ったし、必要書類も忘れずに用意できていたので無事に住所変更を行うことが出来ました。

そう言えば、住所変更できた支店で証券口座の住所変更もしたのですが、普通口座と証券口座で対応してくれる人が別なんですよね。やはり証券口座は証券会社で作ってるからなんでしょうかね。

まあ個人的には証券口座の方で対応してくれた行員さんがかわいかったのでいいんですけど。
(銀行印を忘れなければ、この可愛い行員さんには会えなかったわけで、そう考えると11時半に家出たときのオレ、印鑑忘れてグッジョブというところですね)

では。