読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOROTS

日々思った事とか

天気の悪かった土曜日

残務

昨日、映画を観てその後に日本酒を所望することになった結果、車を職場の近くの駐車場に泊めてくる事になったので取りに行かねばならない状況で、ついでなので職場近くで昼食に海鮮丼でも食そうかと思い、昼前に職場最寄り駅に着くように準備をしようと昨晩布団に入ったわけだが、目を覚ますとすでに正午過ぎ。

「あー、やってしまった」と後悔しても時すでに遅し。今からだとどれだけ急いでも海鮮丼を食べたいお店は昼休憩に入ってしまう。まあ、仕方ない。今回は我慢しようとゆっくりと準備をし、家を出た。

f:id:okaji:20170409012256p:plain
家を出てバス停へ。

バスに揺られて30分。JRの駅に着いて何か食べようかと駅ビルに立ち寄ってみたものの特にこれだというものは見つからず、電車の時間も迫っていたので何も食べずにホームへ向かう。ホームへ上がり、すでに停車していた電車に乗り込んだ瞬間に扉が閉まり発車。特に確認せずに乗車してしまったが、乗った電車は職場最寄り駅行きの各駅停車であった。

この駅から職場最寄り駅までは15分弱。スマホで何か観ようと思っても何も観るものもない状況なので、イヤホンから流れてくるフーバーオーバーをBGMにその15分を過ごすことにした。

動線

職場最寄り駅に着いたら乗客は全員降車し、その中の大多数の人が改札へ向かっているのだが、最寄り駅近くでイベントがあるらしく、ホームから改札までの混雑が酷いもので、電車を降りて改札まで4,5分は掛かっていたものと思われる。

この最寄り駅は新都心として開発された場所に出来た駅なわけだが、どうにも乗客の動線が考えられていない作りになっているようで、このブログを読んでいる人たちに於かれても、ぜひ平日朝にこの駅に訪問していただき、この駅を設計した責任者はどこだと問い詰めたくなるような気持ちになって頂きたいものである。

そんなことを思いながらも駅を出て家を出たときよりも若干強くなった雨を感じながら駐車場までたどり着き、無事に車に乗って帰宅したのだった。

昼食

結局、何も食べずに車を運転し始めたわけだが、やはり起きてから食べたものはマイクポップコーンだけという状態では空腹感が出てくるというもので、帰り道に少し家からは離れているが先日見つけたスーパーでお弁当を買うことにした。

勿論、我が家の近くにもスーパーはあり、そこへ行けばいいのだろうが、如何せんこの近所のスーパーは日々の献立を考える分には別に問題はないのだが、弁当となると話が変わり、材料を売っているんだからそこから自分で作るべきであろうということを示唆するような形で品数が若干少ないのである。この状況に何度か苦虫を噛み潰す思いをさせられたものだ。

人間とはそういった失敗を続けない為に日々改善していくことが重要であり、この弁当問題に関しても先日見つけたスーパーに行くことで解決することが出来るのである。

そして、車を走らせスーパーに行き、弁当を購入し帰宅をしたら16時前。もう昼食とは呼べない時間ではあるが、自分にとっては昼食のつもりで購入した目の前のカツ丼を食し、ソファーに横になりながら夕食はもういいかなと考え始めたところで、意識が途切れてしまった。

どうやらそのまま転寝してしまったようで、気がついたら21時。

小腹も空いていたので、寝る前に考えていた夕食取らないの件はなかったことにして、夕食を取ることにした。

そして、転寝の影響か、寝るのが遅くなる方向に生活リズムがずれているようで、明日出かける予定があるのだが、無事に起きれるかが若干の不安であるところだ。

では。