読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOROTS

日々思った事とか

気に入っているマンガの紹介

朝起きて、出勤して帰宅して夕食食べて、という普通の一日。

日記のネタも無いので、気に入っている漫画の紹介でも。

作者的なところ(敬称略)

藤子・F・不二雄

ドラえもん、おばけのQ太郎、エスパー魔美パーマン等々、TVアニメでも放送されていたものはかなり読んでました。(あっ、チンプイはあまり読んでないや)

それ以外だと「みどりの守り神」とか「ミノタウロスの皿」が少し大人向けで好きです。

「気楽に殺ろうよ」はまだ読んだことがないので読んでみたいですね。

<参考>

F先生は子供向けのマンガだけではないのです。

芦奈野ひとし

ヨコハマ買い出し紀行カブのイサキ、コトノバドライブ。

特にヨコハマ買い出し紀行が大好きで何度も何度も読み返しては穏やかな世界観に癒やされているといった感じです。コマ割りも大きいので、全14巻(140話)ですがサクッと読み終わるのもいいところです(その分、連載時(月刊アフタヌーン)はすぐ読み終わってしまうのがもどかしかったですけど)。

<参考:ヨコハマ買い出し紀行

作品的なところ

ボンボン坂高校演劇部(高橋ゆたか

時計坂高校に入学した順菜正太郎が演劇部副部長の日比野真琴に一目惚れしたけど、オカマな部長の徳大寺ヒロミに目をつけられてどったらこったらという話。

関係ないですが、当時は演劇部副部長のボブカットと僕の知り合いの演劇部部長がビジュアル的に被って仕方なかったです。

超機動暴発蹴球野郎 リベロの武田(にわのまこと

「甘いは砂糖、佐藤は私、ニガくてなんぼ、ニガてなんぼ、ニガくてなんぼのコーヒー豆ぇぇぇ」でお馴染み、リオデジャネイロパラダイスとバズーカチャンネル。

こちら葛飾区亀有公園前派出所秋本治

有名すぎるので特に語らず。個人的には単行本の60-70巻辺りの話が好きでした。

Dr.スランプ鳥山明

リアルタイムの連載は最後の方だけしか読んでない気がしますが、単行本で読んでました。鳥山明と言えばこっちの方が深く読んでいて、実はドラゴンボールはあんまり読んでなかったりします。

Dr.スランプ (第1巻) (ジャンプ・コミックス)

Dr.スランプ (第1巻) (ジャンプ・コミックス)

姫ちゃんのリボン

高校時代に従姉妹の家で偶然アニメを見てそのまま見るようになった作品。野々原姫子は俺の嫁(異論は認める)。

姫ちゃんのリボン (8) (りぼんマスコットコミックス)

姫ちゃんのリボン (8) (りぼんマスコットコミックス)

あずきちゃん

これもアニメから入りましたが、アニメは小学生編のみで当たり障りない話で終わるのですが、原作には中学生編があって、あずきちゃんをめぐる三角関係とか若干ドロドロし始める所がいかにも少女漫画なのですがおもしろい話です。


他にも紹介したいマンガは沢山あるのですが、書き始めると時間が掛かるのでそれはまた今度ということで。

では。